ネイリストの気になる年収

私がネイル学校の卒業後、一番気になったのは仕事の事、
そしてお金についてです......。

夢の実現は大切ですが、やはり金銭的な問題を
クリア出来ないといけませんよね。

皆さんも「ネイリストを目指したい!」と考えた場合、
気になるのは、やはり「ネイリストの年収」について、
ではないでしょうか?

ここでは、私が知っている「ネイリストの収入」について、
詳しくご紹介したいと思いますね。

一般的なネイリストの年収について

ネイリストの年収は、ネイリストの経験や実務経験、
技術力によって差があります。

私のように、ネイル学校を卒業したり、
資格を取得した後は、
ネイリストの卵としてサロンに勤務するのが
一般的だと思います。

私は、まず最初(学校が斡旋してくれた勤務先です)
ネイルサロンに「見習い」として雇用されました。

誰でも、初めはアルバイトや契約社員として
勤務する事になります。
この段階での収入は非常に低く、
月収16万円〜18万円ほどだったと思います。

つまり、平均年収にすると300万円。
人によっては余裕?もしくは、
ギリギリの生活かも知れません......。

私の場合は「将来の独立資金」の貯金を
しながらだったので、
かなり節約をしていましたね!

収入をアップするには?

サロンの見習いの段階から実力や経験を積み、
一定の顧客を得る事が出来れば、
収入の面でも「満足が出来る額」に増やす事が
可能だと思います。

私も徐々にお給料がアップしたり、
収入も楽になるのが感じられました。

独立や開業を目指す方は、
サロンで接客の仕方やテクニックを磨きましょう。
また、開業に必要な資金をコツコツ貯金すると
「がんばろう!」というモチベーションが
湧いて良いと思います♪

晴れて、プロのネイリストとして
独立する事が出来れば、
今までの年収を遙かに超える事が可能です。

サロンで実績を積む以外にも、
国内や海外のネイルコンテストにも
積極的に参加すると良いですね!
もちろん、私も目指していますよ(笑)

各国の賞を受賞する事が出来れば、
世界的なネイルアーティストとして
デビューする事も夢ではありません。

私の学校時代の仲間たちも、
美容系やブライダル業界など、
ネイリストはさまざまな場所で活躍しています。
友人とはお互い、良い刺激を受けていますね!

ネイル講師の道

ネイリスト以外にも、ネイル講師として
活躍する道があります。
私が学校で教えていただいた先生はもちろん、
ネイリスト養成機関の多くは
JNA認定ネイル講師が授業を受け持っていました。

こうした講師や先生の多くは、
自身のネイルサロンを経営するなど、
講師の収入と合わせ「恵まれた環境」
にあると言えますね。

教えるのが好きな方であれば、
講師の資格は取っておいて
損はなしだと思います。

また、ネイリストとして独立したいのであれば、
資金源はきっちり確保するようにしたいですね。

海外のコンテストに参加したり(遠征費用とか)
最新のネイルテクニックを学ぶ際(道具の購入等)
大きな助けとなってくれますよ♪

オススメ

Copyright © ネイリストスクールはどこが良いの? All rights reserved.
個人情報保護方針特定商取引法に基づく表示